So-net無料ブログ作成
ゲームレビュー ブログトップ

そして2009を振り返る(ゲーム編) [ゲームレビュー]

気がついたら2ヶ月以上更新していませんでしたが、ここで2009年を振り返ってみようと思いますのコーナー。ゲーム編。雑感は時間が無いので来年書こうか。

今年も多くのゲームをプレイしました。積まずにクリアできたものは…どれくらいかしら。
とりあえず把握できているものをリストアップ(発売順(新作のみ)、借りたものも含む、エロゲーはとりあえず除外)

Left 4 Dead (360)
ギレンの野望・アクシズの脅威V(PSP)
アイドルマスターSP・パーフェクトサン(PSP)
アイドルマスターSP・ワンダリングスター(PSP)
アイドルマスターSP・ミッシングムーン(PSP)
侍道3(360)
カオスヘッドノア(360)
バイオハザード5(360)
スーパーロボット大戦K(DS)
ファンタジーゴルフパンヤポータブル(PSP)
Xブレード(360)
真・三国無双5 Empires(360)
ロックマン9(360アーケード)
タイムリープ(360)
バトルフィールド1943(360アーケード)
Gears of War2(360)
レッドファクション:ゲリラ(360)
ドラゴンクエスト9(DS)
Shadow Complex(360アーケード)
ドリームクラブ(360)
ラブプラス(DS)
アイドルマスターDS(DS)
信長の野望 天道(PC)
Halo 3: ODST(360)
マクロスアルティメットフロンティア(PSP)
シュタインズ・ゲート(360)
ベヨネッタ(360)
Wizardry 生命の楔(DS)
Left 4 Dead 2(360)
ときめきメモリアル4(PSP)
アサシンクリードII(360)
コールオブデューティ モダンウォーフェア2(360)

…32本か。エロゲー含むと37、8本かな。
一年が52週なのに対し、これはなかなか頑張ったな自分。
しかしまぁ、ジャンルが偏っていること。

この中でマイベスト3を選ぶとしたら…これは悩む。
ちなみに去年は圧倒的にFallout3でしたが…やはりここは。

1位:Left 4 Dead (360)
2位:シュタインズ・ゲート(360)
3位:ラブプラス(DS)

です! 意外かそうでないかは貴方次第。

3位のラブプラス。これはインパクトが大きかったですし、何よりDSの使い方が大きく変わりました。
毎日ワクワクしながらDSを開き、彼女と文字通り触れ合う楽しみ。そして毎週末のデートが楽しみで仕方ありませんでした。
セールスは約15万本。初動における品薄状態は異常。メディアにも色々と取り上げられましたし、2009年を代表するギャルゲーですね。

2位のシュタインズゲート。これはテキストゲーにおいて久々の個人的な大ヒットでした。
一癖も二癖もあるキャラクターに、止め時が見つからないストーリー展開。BGMも流石の出来。
プレイしおわった後の、「もっとこの作品に埋没していたい!」と思う気持ちは随一でした。
そしてメインヒロインのCVがミンゴスだったのも大きな要因!…か?
セールスは4万。じわじわと売れております。
前作のカオスヘッドノアも良かったです。新境地を開拓した気分。

1位のLeft 4 Dead。海外だと2008年の発売ですが、日本では今年だったのでこちらで。
とにかくこの作品、仲間とオンラインで協力してプレイする面においてはダントツでした。
世界中のプレイヤーと協力し、ゾンビの群れを潜り抜けて、各ステージのゴールへとたどり着く。
時には助けられ、また時には見捨てられw 気づいたら芽生えている仲間意識。
ステージも、AIディレクターシステムにより毎回アイテムの配置やゾンビの数が変わっており、パターンを確立しづらく、長く楽しめる物となっていました。
先日続編も発売されましたが、正統進化といえるものであり、ここ1年のマルチプレイ型FPSはこの作品に尽きると思います。
セールスは3、5万。決して多いとは言えませんが、やればわかるこの面白さ。自称ゲーマーならやらずしてゲームを語れない!!

とまぁ、こんな感じでしょうか。無理やり3本に絞ったわけでして、他にも面白かったゲームはたくさんありますよ!
ドリクラとかときメモとかアイマスとか……。

もっと語りたいところですが、今はこんな感じで。
また来年お会いしましょう!!

そして9月はゲーム三昧。 [ゲームレビュー]

ラブとか夢とかドンと来い! ろんです。
更新が開きまくっていますので、とりあえず最近のゲーム状況などつらり。
詳細はいずれ書きます。書きますってば!!

①ドリームクラブ http://www.d3p.co.jp/dreamclub/
ピュアな紳士の社交場であり、発売前から話題を独り占めしていたこの作品。
とりあえずホストガール10人中5人攻略済です。
一番お気に入りなのが関西弁のプロボウラー志望の「玲香」ちゃん。
酔った時の可愛げのある話し方がたまりません。

ゲームとしては、ロード回数が多い、衣装選択時のロードが長い(アイマスの数倍)、造りが安っぽい(これは仕方ない)等ありますが、とにかくメインとなるホストガールのモデリングには非常に力が入っているのが伺えます。
業界初となるカワオケ(酔った状態でカラオケする機能)は正に画期的。
こんなに楽しく、ある意味残念な歌を聞きまくれる時代になるとは…


②ラブプラス http://www.konami.jp/products/loveplus/
信じられない話ですが、現在どこに行っても品切れ状態の人気沸騰作品。
発売前はドリームクラブに押されていまいち盛り上がりに欠けていた印象があるのですが、今や完全に話題をかっさらってます。
それほどまでに革新的。
通常、いわゆるギャルゲーは「付き合うまでの過程を」描く作品であるものなのですが、この作品は「付き合ってからの日常」をメインとしており、またそれが素晴らしい。
DSの時計機能を活かしたリアルタイムシステムで、その日に併せたイベントが起きる仕様となっています。体育祭とかクリスマスとか…
DSであるが故に、3Dモデルにはやや不満がありますが、それを気にさせないぐらいの「仕草萌え」があったりします。

ちなみに付き合っているのは「高嶺愛花」ちゃん。いわゆる正統派ヒロインですな。
他にヒロインは2人いるのですが、愛しすぎて中毒になっている患者じゃなくて紳士が激増中です。
もうすぐ再販です。


③アイドルマスターディアリースターズ http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/list/idolmaster/ds/
この時期においてド本命だった作品。しかし、上記二作品に比べ売り上げが芳しくないという…

今までは自身がプロデューサーとなってアイドルを育成するシミュレーション要素の強い作品であったのに対し、今作は自身がアイドルとなってトップを目指していくアドベンチャー要素の強い作品となっています。
よって、話の内容もしっかりと作りこまれており、文章を読んでいる時間が長かった気がします。

ちなみに現在は「水谷絵理」編を終了して、「秋月涼」編に突入しております。
絵理編の感想等については又後日。


後は硬派に「信長の野望 天道」や「Halo3 ODST」等も購入し、プレイ中。
ぶっちゃけ、この1ヶ月で6本購入したんだぜ……よくやりますわ、自分。


そしてFallout3。 [ゲームレビュー]

Fallout3。
世界的なヒットを記録したオブリビオンを手がけた、ベセスダソフトワークス作のRPG。
今作でも圧倒的な世界観と自由度を見せてくれました。

舞台は核戦争後のワシントンDC。Vault101と呼ばれる核シェルターで育った主人公は、ある日突然失踪してしまった父を追いかけるため、居心地の良い故郷から旅立つことになる。シェルターから外に踏み出したとき、主人公が見たものは……

感想を一言で言うと……「製作者は気でも狂っているのか?」 そんな感じです。


……荒廃した世界は残酷で、それこそ泥水を啜ってでも生きていかなければならない状況。きれいな水?汚染されてない食料?そんな貴重なものはなかなか手に入りません。体力を回復するクスリすらも……。当ても無くフィールドをうろついていると、レイダーと呼ばれる殺人集団や(北斗の拳のザコキャラみたいな風貌といえばしっくり来るのかも)、突然変異したクリーチャーどもに追い掛け回されます。クスリを持っていない場合、戦闘により消耗した体力は倒した巨大ゴキブリやネズミの肉を食らって回復しなければいけません。(回復できるのには驚いた)
フィールド上にはまともに機能している街も存在するけど、主人公はただの旅人であり、当然ながら寝床や商品には金が必要。しかし、序盤は金が無い。では、どうやって手に入れるのか。人を殺して奪い取ることもできますが、一般的には崩れかけた建物やグールがひしめく地下鉄跡に進入して探すことになります。新しい武器弾薬を手に入れつつも消耗し、汚染された水や食べ物を摂取して生きながらえつつ、父の手がかりを追っていく……と、とにかくハードな世界なんです。


プレイ当初、操作に慣れていないうちは、それこそ何をして良いかすら分らない状況だったりもしますが、世界観の構築がものすごくしっかりしており、いつの間にか引き込まれてしまいます。

無人の建物には核戦争時に人々が残した痕跡(メモやコンピューターのデータ等)がいくつもあり、混乱の中、その時をどうやってすごし、息絶えていったかをうかがい知ることが出来たり。また、数少ないコミュニティで生活している人々にもそれぞれの信念があり、さらに場所によっては奴隷制やカニバリズムを平気で行っていたりもします。そう、みんなどこかが狂っているのです。
そんな中で人に関わり、時に助けられ、そして助けていく。……まさにその世界で「生きていく」ゲームだったりします。


ゲームシステムの方はというと、一人称(FPS)視点も三人称(TPS)視点でもどちらでもプレイできる上、V.A.T.S.システムというコマンド選択型の戦闘システムがあるので、アクションが苦手な人も落ち着いて戦闘をすることができます。
さらに特筆すべきなのは、前作オブリビオンでは実現できなかった完全日本語吹き替えであり、名も無いNPCが話している会話まで全て日本語で聞こえてくるのは賞賛に値します。ホント、よくこんなにも膨大なテキスト量を吹き替えできたもんだ……

「マッドマックス2」という映画や「メタルマックス(メタルサーガ)」というRPGが好きな方は、世界観が似ているので是非プレイしてみて下さい。また、オブリビオンにハマっていた方で今作をまだ購入していない方はすぐに購入してください!
それくらいお勧めの傑作です。2008年で一番良かった!

ちなみに私はメインクエストは一通りクリアしましたが、サブクエストが終わっていない部分もありますので、まだまだプレイすることになりそうです。
090208.jpg

気分転換ですよ [ゲームレビュー]

年末商戦を戦い抜いております、ろんです。ボーナスも出たことだし、ゲームを買いまくっておりますよー。

それにしても…アイマスSPが発売延期(1月22日→2月19日)…ねぇ。一報を聞いたときは、体じゅうからやる気というやるきが抜け落ちてしまいましたぜ。延期により生じた空白の一ヶ月を私はどのようにして生きていけばいいのか…
ちなみに、職業柄2月~4月がデスマーチなので、心の支えがないとやってられません。
とりあえず発売されるCDは全て購入して飢えをしのぐしかないですかな。

…さて、以前の日記に購入予定ゲームをつらつらと書きましたが、ちゃんと全部購入できております。
消化率はものすごく低いけどな!!
購入したソフトの多くが時間のかかるゲームですので、全然攻略できておりません。正月は地元に帰省しますので、据え置き機のゲームはプレイできるはずも無く。どうしよっかな;

というわけで簡単にコメント。ちなみにアイマスに向けPSPを導入しましたので、マクロスも買ってみた。

FarCry2(360)
自身は傭兵として、標的である武器商人を追いかけてゆくというマルチシナリオ型FPS。アフリカを舞台に対立する二つの武装勢力(+レジスタンス組織)からミッションを請け負い、遂行する過程から標的に関係する情報を集めていくというゲームスタイルですな。 FPSであるのにもかかわらず、1平方キロメートルのマップを自由に移動できるのがウリであり、また自分でマルチプレイ用のマップを作成できるモードがあるのもやりこみ派には素晴らしいかと。草原を火炎放射器で燃やすと、たちまち火の海になってしまうのには驚いたなぁ。あと、ニワトリさんやシマウマさんもいるよ! 感想としては、確かに移動できる範囲はものすごく広く、アフリカの大自然(森林だったり砂漠だったり)も堪能できるので視覚的な面においては満足できる作品ではあるけど、とにかくプレイするにあたっての爽快感・没入感が低かったように思われます。まず、FPSなのに銃火器を撃つことに対する爽快感が無い。敵(一般兵)が無駄に体力があるのに加え、着弾時に音がしないのでどれだけ弾があたっているのかがわからない。ということでいつも追い掛け回される羽目に。次に移動のダルさ。マップが広いこともあり車での移動がメインになるのだけど、次のミッションを遂行するために移動する距離が大きすぎる。また、要所要所に敵兵士の詰め所があり、車移動時にはそこを突破する必要性が出てくるが、折角敵を全滅させたのに、次に通りかかったときにはすっかり復活しているのは一体どういうことか、と。移動のために毎回する作業がゲームをダレさせる要因につながっているかな。マップが広いのは楽しいことにつながる要素ではあるけれども、一度訪れた場所にはファストトラベル(地図上で指定して一瞬で移動)する機能や、敵のリスポーン(復活)する間隔を長くしていなければ、FPSの強みである爽快感を大きく削ることになってしまうんだな…と思い知らされた今作でございました。 トータルで考えると、色々惜しいところもある佳作かな。

疲れたので以下に関してはまた次回に。
アガレスト戦記(360)
FallOut3(360)
ミラーズエッジ(360)
フェイブル2(360)
マクロスエースフロンティア(PSP)

 


nice!(0)  コメント(2) 
ゲームレビュー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。