So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

そして千早シナリオに関する徒然。 [アイマス生活]

とりあえず、千早シナリオやってて思ったのは、

美希かわいいな、オイ!

……でした。あれ?
ぶっちゃけ美希は、今までは脳内ランキングで底辺を争っていたのですが、ここでまさかの急上昇!
千早の次の次くらいには好きになったかもしれん!

さて、思ったことをひたすら書いていきますか。

ストーリーは良かった、本当に良かったよ!
でも……これって千早がメインのシナリオだよね? 的な何かが残ったのが正直なところ。

~あらすじ~
新米プロデューサーと共に歌の高みを目指していくことになったアイドル候補生の千早。
一方、プロデューサーに一目惚れした万年候補生の美希は、高木社長と口論の末、765プロを飛び出していってしまう。
しばらくして、961プロで活動を始めた美希。天性の素質から、常に千早の一歩先を進んでいく。
IUの予選の度にお互いの信念の元にぶつかり合ってしまう千早と美希。姉妹のような2人の関係には大きな亀裂が走ることに。
そこに見え隠れする子安黒井社長の罠。
果たして、プロデューサーは美希と765プロの皆を和解させることが出来るのか!?
そして、プロデューサーと美希、千早の関係は如何に!?


……何というドラマだこれは。

相変わらず千早シナリオは暗いというか重いというか、D・Cランク辺りになると、千早と美希のぶつかり合いがもうドロドロしまくりですよ。
歌の為、高みを目指すためにひたすら努力を積み重ねていこうとする千早と、とにかくプロデューサーを振り向かせるためだけにアイドルとしての格を上げていく美希。そりゃ反りも合わないってモノです。
とりあえず美希はもっと人の話を聞くんだ!今まで以上にアホの子と思われてしまう!

ところで、プロデュースする側としてはもちろん千早の為にひたすら活動していくわけですが、後半にさしかかると、美希がけなげで可哀想で可愛く思えて仕方が無くなってくるという特大のトラップ付き。
中途半端な千早スキーなら、うっかり美希スキーになってしまうかもしれない破壊力!日頃から鍛えている私は歪みねぇけどな!

いや、だってアレですよ?美希は事ある度にストレートに気持ちをぶつけてくるけど、恋愛に関しては非常に遠まわし(というかほぼ無い)で、なおかつCランクに差し掛かるまではデレのデの字も無く、Bランクのある日7とかを必ず見ないといけない千早だと、 美希が有利なのは仕方ないのですよ。
また、営業で意図的に1対1のコミュニケーションを図っていかなくてはならない千早に対し、ランクを上げていけば定期的に1対1のイベントが発生する美希だと、これまた美希が有利になってしまう。 まぁ、ライバルキャラだから仕方ないにしろ。そしてスタート地点が違うから仕方ないにしろ。

ただ、ここで難しいのが、恋愛がメインではないという点。
恋愛感情全開の美希の存在でうっかり勘違いしてしまいそうですが、あくまでプロデューサーは千早をIUに勝たせることが主目的です。
ということでクリアしても千早とはくっ付きません (←ここ重要)。EDも充分予想できるものでした。

このストーリーはあくまでも通過点なんですよね。解散コンサートも無いし。アケや360とは違う。
でも、でもね、正直な話もっと千早とキャッキャウフフがしたかったんだよ!
ここにはお姉さん的な立ち位置の千早しかいなかったんだよー!
Aランクの追加コミュは全回収したけど、ある日6&7を超えるものはなかったんだよーー!


……とりあえず落ち着け俺。
というわけで、ライバルとしての美希の存在が非常に大きなモノとなった千早ストーリーでした。
これがあずささんや律子…さんになると美希の存在がどうなるか非常に気になる所。
というわけで、引き続きプロデュースを頑張ってきますかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。