So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

そして9月はゲーム三昧。 [ゲームレビュー]

ラブとか夢とかドンと来い! ろんです。
更新が開きまくっていますので、とりあえず最近のゲーム状況などつらり。
詳細はいずれ書きます。書きますってば!!

①ドリームクラブ http://www.d3p.co.jp/dreamclub/
ピュアな紳士の社交場であり、発売前から話題を独り占めしていたこの作品。
とりあえずホストガール10人中5人攻略済です。
一番お気に入りなのが関西弁のプロボウラー志望の「玲香」ちゃん。
酔った時の可愛げのある話し方がたまりません。

ゲームとしては、ロード回数が多い、衣装選択時のロードが長い(アイマスの数倍)、造りが安っぽい(これは仕方ない)等ありますが、とにかくメインとなるホストガールのモデリングには非常に力が入っているのが伺えます。
業界初となるカワオケ(酔った状態でカラオケする機能)は正に画期的。
こんなに楽しく、ある意味残念な歌を聞きまくれる時代になるとは…


②ラブプラス http://www.konami.jp/products/loveplus/
信じられない話ですが、現在どこに行っても品切れ状態の人気沸騰作品。
発売前はドリームクラブに押されていまいち盛り上がりに欠けていた印象があるのですが、今や完全に話題をかっさらってます。
それほどまでに革新的。
通常、いわゆるギャルゲーは「付き合うまでの過程を」描く作品であるものなのですが、この作品は「付き合ってからの日常」をメインとしており、またそれが素晴らしい。
DSの時計機能を活かしたリアルタイムシステムで、その日に併せたイベントが起きる仕様となっています。体育祭とかクリスマスとか…
DSであるが故に、3Dモデルにはやや不満がありますが、それを気にさせないぐらいの「仕草萌え」があったりします。

ちなみに付き合っているのは「高嶺愛花」ちゃん。いわゆる正統派ヒロインですな。
他にヒロインは2人いるのですが、愛しすぎて中毒になっている患者じゃなくて紳士が激増中です。
もうすぐ再販です。


③アイドルマスターディアリースターズ http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/list/idolmaster/ds/
この時期においてド本命だった作品。しかし、上記二作品に比べ売り上げが芳しくないという…

今までは自身がプロデューサーとなってアイドルを育成するシミュレーション要素の強い作品であったのに対し、今作は自身がアイドルとなってトップを目指していくアドベンチャー要素の強い作品となっています。
よって、話の内容もしっかりと作りこまれており、文章を読んでいる時間が長かった気がします。

ちなみに現在は「水谷絵理」編を終了して、「秋月涼」編に突入しております。
絵理編の感想等については又後日。


後は硬派に「信長の野望 天道」や「Halo3 ODST」等も購入し、プレイ中。
ぶっちゃけ、この1ヶ月で6本購入したんだぜ……よくやりますわ、自分。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。